WHY

Why, Why, Why,
But Why?

企業ブランディングの父、J・ゴードン・リッピンコットが唱えた「計画的陳腐化」 とは、
「完全に使えなくなくなる前に、自ら進んで手放そうとする傾向」を人々に植付け、
消費活動をより拡大させるものでした。

たとえば、短期間でニューモデルを投入することで既存モデルの陳腐化を促し、
買い替え需要を生み出していくというマーケティング手法もそのひとつです。

これは人類が生まれもった最も古い法則の一つ、「倹約の法則」に反していますが、
先進国および新興国ではより助長されているのが現状です。

なぜ、現代を生きる人々は、このようになってしまったのでしょう?
それを学ぶ場所が、今こそ必要ではないでしょうか?

教育とは、社会貢献です。
学んだ知識や技術の力を人のために役立てる喜びがあるから我々は勉強するのです。

ゼロ・ウェイスト・センター「WHY」は
それを学ぶ場所です

徳島県上勝町は人口1,600人に満たず、かつ高齢化率約50%(平成28年1月1日現在)
と過疎化が進む四国一小さな町です。
この町は平成15年9月に、未来のこどもたちにきれいな空気や美味しい水、
豊かな大地を継承することを目的とし、「ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)宣言」
を日本で初めて発表しました。
それに伴い、町人自らが34の項目ごとにゴミを分別するなど独自の活動を行ってきました。
その取り組みを視察するために、年間約2600人が国内外から訪れています。

そのゼロ・ウェイスト活動の拠点である「ごみステーション」は設置から20年以上が経過。
視察者の増加に伴い、彼らにもっと深く上勝町のゼロ・ウェイストに対する取り組みを見せる工夫は出来ないか
という要望に応えるべく、プロジェクトチームが発足されました。

なぜ、今? なぜ、ここに? なぜ、我々が? なぜ、ゴミを?
という問いかけに対する答えを見つける場所となるような思いを込めて、この施設の通称を「WHY(ワイ)」にしました。
また施設全体を上空から見ると「?」の形状に似ていることにも由来します。
新施設には、ごみの中間処理施設のほか企業や大学関係者向けの研究ラボ、視察者向けの宿泊体験施設、
年数回行われる予定の(仮称)サスティナブルビジスネスクールの教室兼、上勝町民の為のマルチファンクションルーム、
リメイク&リユーズを推奨するパーツセンターなどを併設。

建築設計は、中村拓志&NAP建築設計事務所。大量消費・大量生産社会の次の建築を目指し、
地域で伐採された杉材や不要になった建具や家具などを活用して設計しています。


The father of corporate branding J. Gordon Lippincott, instilled the mindset of
“systematic obsolescence” that “urges the consumer to part with something
before it iscompletely worn out” to booster consumption.

For example, replacement demand is created through a marketing method that promotes
obsolescence of existing models by introducing new models in short time spans.

This goes against one of the oldest tricks known to man as the “law of thrift”
but it continues to gain even more momentum today in developed and emerging countries.

Why has modern man shifted to this kind of lifestyle?
Perhaps we need a place to learn how this happened.

Education is a service to society.
We study to attain the joy of putting to use our newfound
knowledge and skills for the good of man.

“WHY” Zero Waste Center is the place to do just that.

With a population of less than 1,600, of which approximately half are senior citizens (January 1, 2016 present), Kamikatsu, Tokushima is a small town on the island of Shikoku faced with depopulation. In September 2003, this town became the first municipality in Japan to make a Zero Waste Declaration in their hopes to pass on its clean air, pure water, and natural abundance to the children of tomorrow. As a part of these efforts, its residents have taken action in its own way such as sorting household waste into 34 different categories. Every year, approximately 2,600 people from home and abroad visit the town to learn about its initiatives.

It’s been more than 20 years since the Waste Station was built as the heart of these Zero Waste activities. However, with the number of visitors increasing each year, people started wondering how they could introduce Kamikatsu’s Zero Waste actions at a deeper level, which led to the creation of a project team.

Why now? Why here? Why us? Why garbage?
We named this facility “WHY” based on the concept that this is the place that will answer all these WHYs. It is also inspired by the fact that the entire facility is shaped in a “?” shape when seen from above. The new facility, in addition to being an intermediate waste treatment facility, also houses a laboratory for corporate and academic audiences, immersive accommodation for visitors, the Sustainable Business School (tentative) scheduled to open for class several times a year, a multifunctional room for Kamikatsu residents, and a parts center that promotes product remake/reuse. Facility design and construction is by Hiroshi Nakamura & NAP. The building is built from locally logged cedar and discarded doors, windows, and furniture to create the next stage for our society of mass consumption and production.

Architecture & Design

Activity

Project Member

現地コーディネーター:一般社団法人 地職住推進機構
Local coordinator:Chishokuju

事業主体:上勝町
Commissioned by Kamikatsu-cho

and more...

Application Form